« アイコです? | トップページ | 花火 »

2008年7月28日 (月)

キャラのサンプリング?

小説の登場人物のキャラを、リアルに表現するのって難しいですね。
実際に会った人を参考にするといいと、脚本の本に書いてあったので、近頃、電車や喫茶店などで変わった人達に出会うと、チャンスとばかりにメモを取ったりしてます。

今日も、スポーツクラブの帰りにファミレスで酔っ払ったおばさんとおじさんの明るい会話を聞いていたら、面白かったです。
声が大きいから、嫌でも聞こえてくる…
一人のお爺さん、下ネタのオンパレード。ろれつが回ってないかと思いきや、ちゃんとつじつまの合ったことをおっしゃってる。「まだ、5:00なんですけど」とか言いたくなるけど、明るいスケベなので許せる感じでした。
「俺さ、○○先生に検診で、『糖尿病の一歩手前ですね』って言われちゃって、『それどういうことですか? 女の人を相手できなくなっているってことですか?』って言ったら『よくわかってるじゃないですか』って言われたから(嘘ー!?)、『青い薬を下さい』って言ったのよ」小母ちゃんたちのケラケラ笑いが鳴り響く。
「何、××さん、こういうの詳しいねー」また、小母ちゃんたちのケラケラ笑い。
「知らないわよ。青い薬って何?」
「だって、笑ってたじゃない。中国に青い海って書いて、青海っていうところがってそこの薬なんだよ」
その後は予想通りとは思いますが、ちょっと書けないような内容なので割愛します。

「××さんは、上手いからなー。ご主人に覚られないように男性と食事に出かけたりできるから。帰ってきてご主人に「髪が乱れてるね」なんて言われても、「ちょっと風が強かったから」なんて、すまして言うと思うよ」
皆がアハハハ。
「これいいねー 俺、『髪乱し男』って、詩でも書いて歌出そうかなー」なんて話してる。見ると、これを言っているのは白髪のお爺さんであった。
おばさんたちも負けじと「△△さんて、本当にもっと真面目な人だと思ったのに意外だよねー」
「いやー、俺は真面目だと思いきや、真面目だから」
「えー!?」

こんな会話を横でメモしている私って暗いかしら?
お口直しに、今日の夕立の後の幻想的な夕焼けをどうぞ。

Dsc00104

« アイコです? | トップページ | 花火 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アイコです? | トップページ | 花火 »