« キリンヤガ | トップページ | チェリーと若葉☆ »

2008年8月30日 (土)

メガネ

通りかかりの眼鏡ディスカウント店で、レンズ50%OFFという宣伝文句に惹かれて店内へ。
この頃は家では眼鏡のことが多いけれど、10年くらい使ってネジはゆるみ時代遅れな代物で、外に掛けて出られない。いつか新しいのを作ろうといつも思っていたのでちょうどいいと思った。

色々な枠を手に取って掛けてみる。
そのうち素敵な眼鏡をかけたロングヘアの店員さんに声を掛けられた。
「それ、お似合いですね」
「そうですか?」
次々と物色していたが、いまひとつしっくりしない感じ。
首をかしげていると、
「これなんか、いかがですか?」
渡されたものをいくつか掛けてみる。
でも、最初に自分で選んだのが一番良かった気がする。
また、渡された別のフレームを掛けてみた。
おーこれは自然な感じ!
「これはフレームが明るい感じですから、お顔も明るく見えます」
最初に掛けてみたものと比べてみて、最後に店員さんが渡してくれたものの方が断然安いし、その割にいい感じなので、これに決めた。
「どうぞ、こちらへお掛けください」
店員さんに言われ、奥の席へ。
「コオロギです。よろしくお願いします」
と聞こえた。
『うん? 聞き間違い? まあ、いいや』
心の中で思う。
しかし、コオロギさんの眼鏡はいかしてる。
ダークブラウンの少し角ばった形で、柄の横の部分にきらっと光る貝殻のような細工が付いている。
「どこのですか?」
と聞いてみたかったが、高そうだし恥ずかしいのでやめた。

コンタクトレンズを外し、レンズのケースに入れる。
視力を機械で自動測定した後、もう一度詳しい検査をしてくれた。その結果、ほとんど乱視はないので、乱視の矯正はしなくてもいいとのことだった。

コオロギさんは見かけと違って、少し東北のイントネーションを感じる話し方で、親切、かつ気さくに色んなことを教えてくれた。
もともと乱視があった人でも、ハードコンタクトだと矯正されてほとんど乱視がない状態になっているが、眼鏡での生活に戻すと、また乱視が復活することもあるらしい。でも、眼鏡との併用だと言うとそれなら大丈夫とのことだった。
それから、外でくっきり見えるくらい度を強くすると室内で本やコンピュータを見るときには強すぎて、疲れるとのこと。結局、室内でも屋外でも対応できるくらいの度にしてもらった。
それから、レンズにわからないくらいの色を入れると、パソコンを見るときに疲れにくいということで、それもお願いした。

見かけは綺麗なお姉さんなのに、少しだけ東北のイントネーションで正直に情熱さえ感じる親切さで接客する態度に好感を覚えた。
いつか小説のキャラに使わせてもらおうかな…と思案中。

しかし、あらためてメガネを掛けた自分の顔を鏡で見てみると「ザマス!」という感じ。父兄参観へ行く雰囲気かも…

Dsc00112_2

« キリンヤガ | トップページ | チェリーと若葉☆ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キリンヤガ | トップページ | チェリーと若葉☆ »