« 明けましておめでとうございます☆ | トップページ | スピッツのアリーナ講演に行ってきました♡ »

2009年1月12日 (月)

ストーリーテリングについて

Ca380014 大分前に写した写真ですが、この飛行機雲はまるでUFOが飛んだ軌跡みたいですね。

 先日、今年ノーベル賞を獲られた益川さんと小林さんが小中学生から、質問を受ける番組をちらりと拝見しました。質問はどれも子供らしい素朴なものばかりで、答えるのは至難の技だと思われたのですが、どの質問にもお二人とも、とても上手くお答えになっていてさすがだなと思いました。
 例えば「私は、前に本当にUFOを見ました。先生はUFOを信じますか?」といった質問に益川さんは「自分も昔スプートニクが打ち上げられているときに、それが進む方向とは別の方向へ行く光を見たことがある。しかし、科学というのは、すべての否定要素を一つずつつぶしていき、最後にやっとそうであるという論証がなされるものであるから、それが本当にUFOだったという証拠はないのではないか」といったお答えでした。科学者らしい模範解答ですね。やはり、科学者はそうでなければいけないでしょう。

 ところで、SF(サイエンティフィック・フィクション)は科学的に見えつつも、人間が想像の赴くままに作り出した虚構です。
 相対性理論からすると、光速より早く進むと未来へ行かれるかもしれないけれど、過去に戻ることはできない。だから、未来にタイムマシンがもし開発されても、行ったきり戻れないはずですね。
 でも、ストーリーとしては、戻れるという仮定の方がずっと面白い。

 小説教室に行きはじめた頃には、小説の世界で、どこまで話をねじまげていいかは迷いました。でも、科学で説明しきれないことも世の中にまだまだあるわけで、近頃はもうゴジラが東京タワーを壊したって、地底から地底人が出てきたって、ある日、突然、仙人に話しかけられたって、面白ければいいかもしれないと思っています。
 どうも、私は突飛な話が好きなようです…

« 明けましておめでとうございます☆ | トップページ | スピッツのアリーナ講演に行ってきました♡ »

コメント

もしかしたらそれは飛行機雲ではなくてケムトレイルかもしれません。ネットで検索してみてください。

ケムトレイルさん
はじめまして。

ケムトレイルという言葉を、はじめて聞きました。確かにこの写真には4本ほど、飛行機雲が見えます。
そんな噂がささやかれているとは驚きです。いやいや、世の中、不可思議なことが多いですねーcoldsweats01

世の中には摩訶不思議なことが沢山あるようです。SFもファンタジーも、夢があってワクワクするのを読みたいですね。
写真の不思議な雲、見てるだけで疲れがとれそう。色彩も素敵ですね。

りっぷちゃんさん
本年もよろしくお願いします!

>SFもファンタジーも、夢があってワクワクするのを読みたいですね。

こんな暗い時代にこそ、そういう小説に楽しみを見出す人が多そうですね。

朝焼けや夕焼けは毎日、違っていて見飽きることがないですね。

 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明けましておめでとうございます☆ | トップページ | スピッツのアリーナ講演に行ってきました♡ »