« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月25日 (月)

初夏という感じになってきましたね。

Img_0807_3

近頃、晴れても翌日は雨だったりしますし、スーパーへ行くと青梅も並び、あちこちの庭先にはアジサイも咲き始め、もう梅雨も間近という感じですね。
夏に向けて、新型インフルエンザも治まってほしいものです。

ベランダにも苺が生りましたが、直径1cmほどで、食べてみるとやはりすっぱかったので、残りは放ってあります。虫の視線でシャッターを押してみました。

Img_0798_3Img_0810_3  

あとは散歩の途中で見かけた風景写真です。
先週、散歩していたら、ネギ坊主が出ていて、こんな風になったネギはもう食べられないのでは?と
思っていたのですが、今日行ってみたら根の部分の泥がとれていて、玉ねぎだったとわかりました。   

Rose200905242_2Rose200905247_3 線路脇につる薔薇らしきものが繁茂して、小さいですが沢山の花を咲かせていました。
遠目に見ると廃材やら雑草やら金網などがあって、お世辞にも綺麗とは言えないのですが、アップにして花だけを見るとなかなかいい感じです。

先日読んだある雑誌に、小説の公募の審査員は、今までに読んだことのないものを望んでいるのだと書いてありました。それはそうに違いないけど、そんなのなかなか難しいですと文句を言いたくなります。
作者が意識しなくても、物語というのは過去に作られた作品の形式の焼き直しであったりするわけで、それをいかに新しくするかが作者の腕の見せ所なのでしょうね。
写真で言ったら、どこを切り取るかということでしょうか。しかし、虫の視線になってみたり、線路脇の金網の隙間から覗いたりという感じでは、まだまだ発想が乏しいでしょうか。

2009年5月10日 (日)

阿修羅展に行ってきました。

Img_0771    Img_0767_2

Img_0766結局、金曜日は会社を休んでしまい、新しく買ったパソコンラックの組み立てをしてから阿修羅展を見にいってきました。

夕方に空いているという情報だったので、ゆっくり行ったら付いたのは6時ちょっと前。
ちょうど、この日はこの30分後位に大きな虹が出たらしいのですが、残念ながら見逃してしまいました。
でも、雨上がりで雲が多かったため、建物に後光が射しているように見え、クローバーも西日に輝いていました。

阿修羅は2年前に奈良へ旅行へ行ったときに興福寺で見てきたのですが、今回は後姿なども見られるということだったので、見るのは二度目です。
しかし、博物館ではライトも強めなのか、色白に見えて更に妖しい美しさを増したように思えました。
私は借りませんでしたが、案内レコーダーのナレーションは黒木瞳さんです。

Img_0772Img_0790  

それにしても、お客さんの年齢層も幅広く、人気があるのにびっくりです。
ミュージアムショップには阿修羅のTシャツとかバッグなども売っており、阿修羅のフィギアは売り切れでした。
私は、黒砂糖の金平糖を買ってみました。
奈良の名産らしく、箱の模様もいろいろあって可愛かったです。

しかし、油断をして傘を持ってこなかったら、帰りにまた大雨に降られてしまいました。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »