« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

梅雨まっさかりですね。

Img_0879_2Img_0884_2 Img_0929

梅雨まっさかりという天気が続いていますね。

洗濯物が乾かなかったり困りますが、この時期にできる地味な作業に挿し木があります。
ハーブは種から育てると結構時間がかかりますから、挿し木は結構、便利です。バジル、ローズマリーなどは簡単に根付きます。

まず、スーパーで買ってきた元気そうな葉を茎の下側をカッターで斜めに切って、数時間水に漬けておきます。
葉っぱがぴんとしたら取り出して、一番下の葉っぱを取り除きます。
これを植木鉢などにバーミキュライトを入れ水をかけた状態のところに、一番下の葉っぱを除いた部分が埋まるように差します。半日陰において3日に一度ほど水をかけていると、一月ほどで根付きます。
先日、バジルをこの方法で処理しました。バーミキュライトがなかったので普通の土に差し、上手く行くか心配だったのですが、なんとか根付いたようです。つぼみがついているものだったので、花が咲いてしまいました。
でも、やはり最初はバーミキュライトがお薦めです。

Img_0834Img_0878Img_0915

Img_0921

近頃、陶芸に凝っています。
体験講座で受けたあと、すぐに入会してしまいました。写真のは体験教室で作ったご飯茶碗と湯のみです。でも、焼くとひとまわり小さくなると言われたので、大きく作ったら大きくなりすぎました(笑)

釉薬に興味が湧いて、図書館で借りた本を何冊か読みました。この中の、「やきものの釉」手島敦先生著は、焼き物の本場の多治見工業高校の先生が授業形式で釉薬について、説明してくれているものです。高校時代にこんな楽しい授業を受けたかったと思いました。

釉薬というのはもともと素焼きの焼き物を作っているうちに薪の灰が自然にかかって、土の中のガラス質がどけだしできた、灰釉から始まったものらしいです。これを試行錯誤して、様々な材料を足していって現在の釉薬が出来たらしいです。
電車の中で読んでいたら、まわりの人に不思議そうな顔で見られたような気がしましたが、気にしません。
しかし、この本はアマゾンなどで売り切れなので、どうやって購入しようかと思案中です。

さて、これを読んだら、自分で釉薬を作りたくなり、先日、作ってみました。そのお話は次回に書きます。 

2009年6月13日 (土)

石榴の花

Img_0828 Img_0829_2 某U駅の周りを散策していたら、ざくろ(石榴)の大木が沢山の花をつけているのをみつけました。

夏になったら、たわわに実をつけることでしょう!
あの甘酸っぱい味を思い出し、「ああ、食べたい」と思いました。子供の頃、よく庭に生っていたのををもいで食べたのを懐かく思います。
八百屋で売っている立派なざくろを何年か前に買って食べてみましたが、味に癖があって、美味しいとは思えませんでした。
やはり、日本のものの方が私の口にはあうようです。

こんなことにつけても思うのは、人間の性質というものは、元来、あまのじゃくなのではないかということです。

食べるなと言われると食べたくなる。禁断の実を食べたアダムのように食べたくなってしまうんですね。
それと同じようなもので、あるときには有難みがわからない。なくなってみて、はじめてその良さがわかるんですね。

今時はコンビニやら百均やらネットやらで、欲しいものは、大抵、安価に手に入ります。もちろん、私もその恩恵にあずかって暮らしています。
しかし、なんでもカタログで揃うようなオリジナリティーのなさが、人々の心に空虚さを生んでいるような気がすることもあります。「下手でもなんでもいいから、自分の力で何かをやってみたい!」そんな欲求を秘かに持っている人は多いのではないでしょうか。でも、やり方がわからない。
だからかもしれませんが、カルチャースクールなどは盛況のようです。

Img_0866

それから黙っていても入ってくる情報の多さにも、うんざりすることがあります。

今の時代、結婚難だとか言われ、「婚活」なんて言葉も流行っています。
でも、案外こういうことに盛り上がっているのは、親などかもしれないと思うんです。
今時は、男性も女性も結婚なんてしなくたって、普通に暮らせます。
心配してくれるのは有難いのですが、親や親戚などに「結婚、結婚」と言われるたびに、本心ではうんざりしているという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

いっそのこと、結婚には反対した方が効果的かもしれないなどと思ったりもします。
障害のあるロマンスは、「ロミオとジュリエット」のように盛り上がるのではないでしょうか。

中程の写真は、美容院で雑誌をめくっていて目にとまったネックレスがほしくなり、帰りにユザワヤで材料を買って帰り、作ったものです。雑誌のは白い貝殻でしたがこれは緑がかっています。1,000円位でできました。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »