« オシロイバナの香り・枝豆 | トップページ | キャラウェイ風味のシーフードカレー☆ »

2009年7月27日 (月)

夏本番ですねー

Img_1162Img_1356Img_1358 

梅雨も明けて、ここニ三日は夏本番という感じですね。
今日、玄関を出たところで早くも蝉が死んでいて、毎年のことながらちょっと切なさを感じました。

夏休みを思い出すような写真を何枚か載せておきます。
写真は左から「桂の葉」(ハート型の葉っぱが可愛かった)、「ザリガニ」、「「大木(種類は不明)」

近頃、「つぶまる」という煮出す麦茶を作り始めました。手間がかかりますが、なかなか美味しいような気がします。
http://www.harukiya.com/product/346
薬缶に水のうちから、このパックを二つ入れて、沸騰させて5分、火を止めて40分ほど置いてから、鍋に張った水に薬缶を入れて、しばらく冷ましてから容器に移して、冷蔵庫に入れます。

先日、紹介しました「やきものの釉」手島敦著を読んで、釉薬を作ってみたくなり実際に作ってみました。(興味のない方にはあまり面白くないかもしれません)

釉薬に使う物質をこの本の中では、簡単な表現で三つに分けていました。
「ガラス」「とかす」「つなぐ」の三要素です。
これらを適量ずつ組み合わせることによって、基本の釉薬ができるのです。

今回は「ガラス」にある場所の長石、「とかす」に合成栗皮灰、「つなぐ」に蛙目粘土を使用し、量を調整し、テストピースを焼いてみました。

Img_0844Img_0885 

一番上は長石10割、左側ななめの列では下に一段下がるごとに栗皮灰が1割づつ増えます。
右側ななめの列は、すべて一割の蛙目粘土を含み、上から三段目から1割づつ栗皮灰が増える。

Img_0890_3Img_0891

Img_0892_2Img_0893   

粘土は、右:「赤土」と、左:「信楽粘土」
焼成方は、上:「還元」と、下:「酸化」

還元焼成できれいな色が出たのが、長石6:栗皮灰4の調合のものでした。
下から二番目左から二番目です。
少し、白い濁りが出たせいで、きれいな水色が発色しています。
この割合で釉薬を作ってみることにしました。

Img_0905

この前作ったティーカップに、今度、この釉薬をかけて焼いてみようと思っています。

« オシロイバナの香り・枝豆 | トップページ | キャラウェイ風味のシーフードカレー☆ »

コメント

すごいキレイな色ですね~
ちょっとした配合の違いで、いろんな色に変化するなんて・・・
不思議ですね。

ティーカップができましたら、また、写真をアップしてくださいね!

私の著書、ご愛読有難うございます。釉薬の事でわからない事がありましたら、メール頂ければ出来るだけ対応します。

ジュピターさん

書き込みに気づかずにいました(汗)
ごめんなさい。
最近、家事やら母の病院通いの付き添いやらで、忙しくてブログの更新もあまり出来ていないです。もう少し、余裕が出たら、自分で作った釉薬をかけたティーカップの写真、アップしますね!

手島先生
はじめまして!
書き込みしていただけるなんて、光栄です。
実は、陶芸はまったくの初心者なのですが、陶芸家のことを小説に書こうと思って、あちこちの本を読み、先生のご本に行き当たりました。とても面白かったので、これを参考に釉薬の調合をしてみました。今度、出来上がったものをアップしてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オシロイバナの香り・枝豆 | トップページ | キャラウェイ風味のシーフードカレー☆ »