« 2009年9月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年11月

2009年11月15日 (日)

久々の陶芸と虹色スミレ彡

Img_1204Img_1215Img_1212   

Img_1209 昨日は、伸び放題になったプランターを植替えてみました。
繁茂し放題のフリージアを掘り返したら、大小の球根が山のように出ました。小さいのは小さなジャガイモみたいです(笑) しかし、あまりに多いので、小さいのは涙を飲んで捨てました。
大きい球根と、チューリップの球根を植えなおし、スペースをあけたところに、ビオラを植えてみました。「F1ビビ トリコロール」という品種は「夕暮れの窓辺に映える暖色系の組合せ」というなかなかそそられるキャッチフレーズがついており、「虹色スミレ」というのも花と名前がなかなかいい感じです。
球根を植えた丸い大きなテラコッタには、しばらく何も生えないと寂しいので、二十日大根の種を蒔いてみました。収穫できるか楽しみです。

Img_1224

Img_1230Img_1235_2Img_1028さて、今日は母も大分落ち着いたので、午前中、久々に陶芸に行ってみました。ほぼ二ヶ月ぶりです。
今まで、玉づくりという方法しかやったことがなかったので、今日は板づくりに挑戦し、小皿を作ってみました。
最初は丸いのを作ろうと思ったのですが、色々な型を見せてもらっているうちに梅型のようなのがすっかり気に入ってしまい、それを使って作りました。わりと簡単にできたので、しばらく皿ばかり作るかもしれません。横に置いてあるのは自分で作った花印です。名前をいちいち彫るのが、面倒になったので作りました。

それから、前に自分で調合した釉薬をかけて還元焼成したティーカップが出来ていました。
長石と灰だけで作ったものです。教室の先生によると灰釉といっていいらしいです。
右側は、赤土で作り、白化粧を掛けてから模様を彫り素焼き。それから、この灰釉をかけて本焼きしたものです。
左は古信楽土に灰釉をかけて、どちらも還元焼成したものです。これは釉薬を厚くかけすぎて、下に垂れてしまっていました。ちょっと、失敗。まあ、手作りのものはこんなところも、面白いところだと思うべきでしょうね。
今日は、教室で、今、流行のタジン鍋の完成品を見て、感動しました。早速、こんなものを作る方がいらっしゃるんですね。なんでも、土鍋用の土で作ったので、実用品らしいです。鍋の蓋の三角形の頂点部分に魚の尻尾のような持ち手が付いているのが可愛かったです。

2009年11月 9日 (月)

プリンといちじく合います♡

Img_1178_2Img_1183_4    

母が退院してから家事に追われていましたが、大分、慣れてきました。
食器洗機を購入したのですが、それで大分助かってます。会社から帰って、食事を作って食べ終わったら、鍋やどんぶりなど以外は、食器洗機に入れています。お蔭で、夜中に皿洗いをしながら不幸な気分になるっていうことがなくなりました。

今日は、一週間ぶりに母をお風呂に入れてあげました。一緒に入るという方が正確なんですが、頭が自分で洗えないので洗ってあげるのと、ふらついて恐いというので、手をつないで浴槽に入れてあげ、体を洗うのは大方自分でやるのですが、シャワーをかけてあげたりします。
しかし、退院後、病院を変えて、お薬も変わったら、大分、元気になってきました。やはり、病院は選ばないといけないですね。

先日、東京駅の大丸で北海道物産展をやっていまして、「侍のプリン」をそこで売っているという情報をテレビで見て、会社帰りに買ってきました。
これは、スピッツのオンラインTVでも、メンバーの皆さんが試食していたので、是非食べてみたいと思っていたものでした~
テレビで放送されたこともあり、凄い行列で10分以上待ちました。

家で作って、毎日少しずつ食べているいちじくのコンポートと一緒に盛ってみました。この組み合わせいいです! 美味しかったです。
このプリンは、上の方は意外とふわっとしてますが、カラメルは昔ながらのガツンと苦いあれです。この苦味癖になります。
いちじくのコンポートは生のいちじく一パック(5個入りくらい)を四つ割に切り、小鍋に入れて、ひたひたの水と砂糖(家はキビ砂糖)を小さじ4~5杯、お菓子用のブランデー少々を入れて、30分~1時間位(煮加減はお好みで)とろ火で煮ます。冷蔵庫で冷やすと美味しいです。3日くらいしか日持ちしないと思われるので、残りは冷凍にします。

さて、話は変わってスピッツのライブDVDが発売されました!
盛沢山だし、一度に見てしまうのはもったいないので、毎日、少しずつ見ています。
とってもいいです☆
さいたまスーパーアリーナのコンサートがメインになってます。
これは、私も友人と一緒に見に行きました~
会場では見られなかったメンバーの表情などが、つぶさに見られて感動です。
カメラワークも映画みたいに素晴らしい!
私は、きっと何度も見ると思います。

« 2009年9月 | トップページ | 2010年2月 »