« ああ、ゴールデンウィークが終わり… | トップページ | 暑い暑いと言っている間に、もうすぐ秋ですね。 »

2011年5月23日 (月)

先週末、北海道を旅行してきました

5636526_1133471222_51large

先週の月曜午後八時に私は釧路の空港で、羽田行きの飛行機に乗っていました。濃霧の中でした。
到着便も遅れていていましたが、離陸前も窓の外はグレーの霧でまったく何も見えず、これで飛ぶのだろうかと心配しました。
でも、何も見えない中、飛行機はそれでも離陸したのです。
灯りを落とした機内から、ただ、窓の外の様子を眺めていました。
プロペラに吹き飛ばされて、霧が生き物のように細かい渦をまいてうごめき、でも、濃い霧はひしめきあうだけで飽和したように停滞していました。
あれは何十秒、それとも数分だったのでしょう。
飛行機はぐんぐんと霧の中を角度をもって上昇していきました。
ふいに雲の上に浮上し、そこは嘘のように晴れ渡って、満月が煌々とあたりを照らしていました。
そう言えば、前に釧路に来ようとしたときも濃霧のため、着陸できず札幌に行ってしまったのでした。
釧路はよく霧が出るのかもしれないですね。それにしても、飛行機器は進歩しているのでしょうが、濃霧の中で操縦桿を握るパイロットはどんな気持ちでしょう。

説明が遅れましたが、先週末、北海道を旅行してきたのです。
発端は、一月くらい前。忘れていたスピッツのコンサートのチケットが届いたことから始まりました。
ラッキーと思いきや、しかし、場所は釧路。
ファンクラブで三郷に応募してハズレ、オンラインメンバーズで応募するとき、第一希望「三郷」、第二希望は、やけになったというか、旅行がてら行って来るといいかもと画策して「釧路」を選んだのです。そしたら、「三郷」が外れて、「釧路」が当たりました。
地震のあと、旅行に行く気にもならなかったんですが、思い切って行くことにしました。
しかし、結果として行ってみたいと思っていた阿寒湖のアイヌコタンにも行かれたし、厚岸で牡蠣も食べられたし(厚岸や釧路も津波の被害があって、牡蠣の養殖は大分やられたらしいですが、厚岸では牡蠣は出回っていました)、それに何よりスピッツのコンサートが見られて、なかなか充実した旅でした。しかし、北海道は寒かったです。まだ、桜が咲いていませんでした。21日から桜祭りがあると言っていたので、今が見ごろかもしれません。
初日の14日は、遅い昼食に和商市場で勝手丼を食べたあと(ネタをあれこれ選んだら1,000円くらいになっちゃいましたが、美味しかった!)、会場へ向かいました。

1721869810_121

でも、会場が思いのほか遠くて、バスの本数もなく、余裕のはずがぎりぎり滑り込みセーフ。
バスを降りて雨の中(冷たい雨!)、会場へ急ぐ途中、バサバサという羽音とコーコーという鳴き声で横を見ると、何やら大きな鳥が二羽ほど飛んでいました。
時間があったら確かめたんですが、あれは鶴だったのか白鳥だったのか。北海道ならでは情景でした。

そして、いよいよコンサート! 住宅街の中にある会場でお客さんは来ているのかしらと思ったのですが、会場へ入ると満員でした。あったかいファンに迎えられてスピッツは幸せだなと思いながら、ぼーっと眺めていました。
やっぱりマサムネくんは歌が上手いなあと感動。それから、曲目で「鳥になって」が入っていて、さっきの大きな鳥にぴったりだなと思いました
釧路は十三年ぶりだったとか。前に来たとき、炉端焼きのおばちゃんに「また来れるように頑張ってね」と言われたそうです。すぐ横の観客の女の子が「何歳なの?」と隣の子にきいているのが聞こえてきました(笑)
でも、まだまだ皆さん若いです! 田村さんのジャンプも凄いなと関心することしきり。
歳のことは気にしない方が若くいられると、近頃、私も思ってますがどうなんでしょうね。勿論、無理しないように気をつけなきゃいけないですけど。
マサムネくんは、二日前に釧路に来て、釧路湿原を見たとのことで、雄大な景色を絶賛していたので、私も翌日、ノロッコ号で釧路湿原を周り、細岡展望台から湿原を見ました。展望台への道中で水芭蕉が咲いていました。

5636526_1132325441_140large  1721998908_189

確かに素晴らしい眺めです。見渡す限り湿原が広がり、遠く雪を抱いた雄阿寒岳、雌阿寒岳が見えました。180度くらい写せるカメラがあるといいなと思いながら、動画を撮ったりしました。

そのあと、ホテルを回る無料バスで阿寒湖へ。
アイヌコタンではオンネチセで伝統舞踊を鑑賞。どれもとても、エキゾチックな踊りで感心しました。躍り手のアイヌの若い女性は皆さん、彫りが深くて綺麗な方ばかり。
ムックリの音色も幻想的でした。
しかし、「最後に観客の方々も一緒に踊りましょう」と言われて、ドキドキ。何しろ、リズム感がなくて踊りは苦手。でも、間違えてもいいと思ったら、楽しめました。踊り終わってから、「この踊りを踊った人は幸せになれると言われています」と言われてさらに嬉しくなりました。
劇場の外に出ると、木彫りのお土産などを扱う民芸品店がずらりと軒を並べ、どこを見ても楽しめす。ひとつの店先には猫が繋がれていました。

5636526_1133471280_143large

しかし、北海道はレンタカーで回るのがいいのでしょうが、もう●●年運転していないので、恐ろしくてバスと電車でまわり、大層、タイトなスケジュール。最終日は朝6時に起床、8時の遊覧船に乗り、9時半の無料バスで釧路へ戻り、そこから電車で厚岸へ行き、夕方、釧路に戻って、最終便で羽田へ戻ってきました。
そのときは、まったく元気だったんですが、帰ってきて、どっと疲れが出ました。今も肩が痛いです。やっぱり、若いつもりでも、少し年取ったかしら…(笑)
いや、考えるのは止めましょう。

帰宅して、母もなんとか元気にしていたので、ほっとしました。毎日、様子を見て目薬を差しに来て下さったヘルパーさんにもいつもながら感謝しています。
それにしても、早朝の窓から眺めた朝靄に煙る阿寒湖と雄阿寒岳は、神秘的な景色でした(一番初めの写真)。

« ああ、ゴールデンウィークが終わり… | トップページ | 暑い暑いと言っている間に、もうすぐ秋ですね。 »

コメント

北海道行ってきたんですね~
アイヌの方々の踊りも体験できて美味しいものも食べれて充実した旅だったようで何よりです。
「一緒に踊りましょう」なんて言われたら、緊張しちゃってダメですcoldsweats01
踊りは苦手です・・・
そんな私でも大丈夫でしょうか?

「勝手丼」っていうのは、ネタを勝手に選ぶからそういう名前なんですか?
おいしそう~~~heart04
私なら欲張りすぎておそろしい金額になりそう・・・

踊りと言えば、ジュピターさんのところへ遊びに行ったときの阿波踊りは思い出深いです。そう言えば、ジュピターさんは踊らずにお囃子を担当してましたね(笑) でも、笛とかお琴とかマンドリンとか色々楽器が出来て、尊敬してしまいます。私、そういうのまったく出来ないんです。踊りも勿論ダメですcoldsweats01
勝手丼、いくつもお店がありました。ご飯をご飯屋さんで買ってきて、具を専門のお店で選んで載せてもらうんです。最後にわさび醤油を掛けてもらって、ししゃもの卵というのをサービスで載せてくれましたよhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ああ、ゴールデンウィークが終わり… | トップページ | 暑い暑いと言っている間に、もうすぐ秋ですね。 »