« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月

2015年11月 5日 (木)

秋田旅行201510

Sp10100661 Sp10101411
先月末から今月初めにかけて、秋田を旅行してきました。
今年は例年より少し紅葉が早かったそうで、あと一週間早ければ最盛期だったらしいですが、それでも晩秋の景色を堪能することができました。
芭蕉が「松島は笑むが如く、象潟はうらむが如し」と描写したという象潟。
私は訪れるまで存在を知らずにいたのですが、道の駅のねむの丘展望台からの眺めは箱庭のような見事なものでした。

松の生えたかつて島だったところが、ぽつりぽつりとあって盆栽の鉢があちこちに散らばっているような感じに思えました。
浜からの潮風で、松が自然と曲がって生えるのだそうです。
案外、盆栽の方がこういった風景を写し取っているのかもしれないと勝手な想像をしてしまったのですが、本当はどうなのでしょうね。

芭蕉が残した句は、「きさかたや雨に西施がねむの花」というものらしいです。

Sp10100881 Sp10101001 Sp10101071

Sp10100951_2 Sp10101211 Sp10101271
奥の細道にある蚶満寺、鳥海山からの元滝伏流水が湧き出ている滝や、その傍の紅葉も素敵でした。

Sp10101841 Sp10102051 Sp10102151 Sp10102362_2 

Sp10102621 1446649349767

それから、念願のナマハゲ実演を男鹿真山伝承館で体験しました。
恐いけど、面白い! スリルとなまはげさんのとぼけた味わいが堪らなかったです。
戸をバーン、バーンと神出鬼没に開けたり、突然、後ろの戸がダンダンダンダン!と叩かれたり、なまはげさんににじりよられたり、子供さんはきっと泣くことでしょう。
「子どら皆まじめに勉強しているが」「おらい(私の家)の子どら、まじめで、親の言うごどよぐ聞ぐいい子だから」「どらどら、本当だが。ナマハゲの台帳見てみるが。
何々テレビばり(ばかり)見で何も勉強さねし、手伝いもさねて書いであるど」
(ナマハゲ問答チラシより)
それを親が庇ってあげることで、親は自分を庇ってくれるのだとわかって、親の言うこと聞く子になるそうです。

Sp10103251

もう一つの収穫は、「恩荷」のなまはげ太鼓を男鹿温泉で聞くことが出来たことです。
和太鼓のイメージを覆す、若さ溢れる熱演が素晴らしかったです。
皆さん、高校生、大学生や社会人の十代、二十代の子達がアマチュアで頑張っているグループなのだそうです。土曜日なので無料で見ることができました。
最後に「皆さん、もう一曲聴きたいですか?」との質問に割れんばかりの拍手。

「では、みなさん一つ約束して下さい。自分達はもっと上手くなるように一生懸命頑張るので、絶対、また男鹿に太鼓を聞きにやってきて下さい」とのこと。
男鹿温泉を盛り立てようと頑張っている若者たちは偉いなと思いました。

また、機会があったら訪れてみたいです。
夜行バスは辛かったですけれど。

下の写真は、出発前の早朝にホテルの窓から見えた景色です。なまはげはお山の神様とも言われているそうで、神の宿る山の景色にふさわしい感じがしました。

Sp10104011

« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »